×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

環境破壊は災害をもたらす

環境を破壊することはさまざまな災害を引き起こす可能性を高め、そしてわたしたちに悪影響を及ぼすことになります。例えば森林破壊などで、大雨などが降れば土砂災害や洪水などの災害を引き起こしたり、砂漠化などになり食物が作れなくなったり、砂漠の砂で健康被害がでたり、動物の絶滅や減少、森林で食べ物がなくなり動物が民家などにおりてきて作物などの被害がでたり、森林の減少でCO2の吸収が減少し地球温暖化につながるなど、このように1つ例をあげただけでもたくさん悪影響を及ぼすことになるのです。環境を破壊すれば自然の中でうまく循環していたものがバランスをくずし、災害を招くことになるということがわかった今、環境破壊をいかに防ぐかが問われているのではないでしょうか?

環境と災害 私達にできること

今、わたしたちにできることは何でしょうか?一度、考えてみてください。例えば、蛇口に節水コマや節水シャワーにかえてみるとか、白熱電球を電球形蛍光ランプにかえてみる、暖房・クーラーの時間を短くする、買い物のときはエコバックを持参する、生ゴミはゴミ処理機で肥料にしてガーデニングなどをしたり、使わないものはリサイクルにだす、ゴミの分別をきちんと守るなどいろいろありますよね。きっと人それぞれやってみようと思うことは違うと思いますが自分で考え実行することがとても大事なことだと思います。環境に関心をもち、また自分は今何ができるかを考えることで少しずつ変わってくるのではないでしょうか?一人一人の意識はとても大事なものだと思います。

スポンサードリンク

環境と災害 循環型社会

今までわたしたちは資源を大量に使い、大量のごみを排出するという社会を生み出してきました。地球の資源は限られています、その限られた資源の中でいかに大切に資源を使っていくくかが今後の課題だと思います。日本で2000年に「循環型社会形成推進基本法」を制定されました。『3R』政策(「ごみを出さない(リデュース=Reduce)」、「再使用する(リユース=Reuse)」、「再利用する(リサイクル=Recycle)」)の実現を推進していますよね。『3R』政策を実践し、経済と環境が両立できるような循環型社会が実現できるようになるといいですよね。そのためにはわたしたち自身が少しずつ意識を変えていかなければいけないですね。

Copyright © 2007 環境と災害